買取の実際 買取の実際 買取の実際

新品の買取には注意しなければならない点があります

取引には様々な注意点がつきものですが、不用品の買取査定において、新品の買取のケースには特に注意する必要があります。というのも新品の買取に関連しては、ユーズド品などの他の商品の買取とは違いお店によって特殊なルールを設けている場合などがあるからです。

まず新品の買取において覚えておかなくてはならない基本的なこととして、新品であっても売りに出せば定価で買取ってもらえるということがほとんどないということです。お店や商品によっては定価に近い価格で買取ってもらえる時もあるのかもしれませんが、通常は良心的な買取店でも2割から3割近くは安くなってしまいます。

箱や袋から取り出していない買った状態のままの商品なのに、なぜこのような買取り金額が下がるのかというと、返品の場合でもなければ売買が成立した時点でその商品は中古品の扱いとなるからです。そのため新品の買取を行う場合には、まずはそのことを理解しておきましょう。それ以外に留意しておかなくてはいけないこととしては、商品によっては新品の買取を拒否しているショップがあるということです。

新品の買取が拒否される有名な物としては、ゲームソフトや書籍などがあります。

なぜこれらの商品の新品が買取り拒否されるのかというと、これらの商品が新品で持ち込まれるケースには万引きなどの盗品が多く、店舗としても不要なリスクを避けようとしているからです。既に使用されたものであれば何も問題なくとも、新品の買取を行う場合にはレシートの提示が必要だという買取店があるくらいです。ブランド品などの際はそういったリスクはほとんどないため、新品であるからといって買い取りされないことは殆どありません。

ただし、それでも証明書がない場合、出所を疑われて査定を拒まれたり、大幅に査定額の下がることもあるので、注意が必要です。

また同じ未使用の新品の場合でも、箱などを一度でも開封してしまえば、使ったか使っていないかに関わらず査定額が大きく下がります。このようなことを把握しておけば、新品の買取に失敗するケースもなくなるでしょう。

Copyright © 2015 買取の実際 All Rights Reserved.